カタログギフトの賢い利用法とは?

カタログギフトInfo

カタログギフトで何を選んだか贈り主にバレる?

カタログギフトで何を選んだかバレる?

カタログギフトで何を選んだかに贈り主にバレルことはありません。結婚式の引き出物や結婚祝い、出産祝い出産祝いのお礼など様々な用途に贈られます。カタログギフトは予算に応じたり贈りたい相手の方の状況によって様々なタイプのものをを贈ることができます。
本1冊の重さなのでかさばらず持ち帰るにも便利です。決まった物を贈ってしまうと、相手が喜んでいるのか気になることもあるが、カタログギフトは申し込み期限が長いので贈られた方はゆっくりとカタログギフトに載っている写真などを参考に今自分が必要としていたり、欲しいものを選ぶことができます。
また、ほかの方にプレゼントすることもできます。ほかの方にプレゼントをしたとしてもそのような情報も贈り主にバレルことはありません。お祝いなど現金で渡すより手軽に贈ることができ、受け取る方も気軽に受け取りじっくり欲しいものが選ぶことができ、贈る側も贈られる側も後から何か気にすることもなく気兼ねなく気持ちが伝えられる物でです。

業者によって贈り主への報告内容(詳細)に違いがある

カタログギフトは贈られた側が、カタログの中から好きなものを選択してそれを受け取ることができます。その際贈られた側が選んだものは贈り主に知られるかどうかは業者によって違いがあります。
基本カタログギフトの業者は、贈り主へ何を選んだかやいつ頃注文したかなどの詳細は報告しないことがほとんどです。ですが場合によっては詳細を贈り主へ報告することがあります。
高額のカタログギフトの場合は相手がしっかり品物を受け取ったかどうか確認するために、注文の時期や有無だけが報告されることがあります。また業者の都合ではなく、カタログギフトに掲載した側の都合で、品物が提供されなくなってしまうことがあります。その際は贈り主にも詳細が報告されるケースがあります。また贈られた側が注文を期限までに行なわないこともあるので、贈り主側の希望で注文が正常に行われたかどうかは報告してもらうことができます。
贈り主への報告があるかないかは、贈られた側は知ることができないことがほとんどです。