名入れのカタログギフト

カタログギフトInfo

法事の引き出物にもカタログギフト

カタログギフトは、出産祝いや結婚祝いなど、祝い事のお返しとして贈るものというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
しかしこのカタログギフト、法要・法事の際の引き出物としても用いられることが増えてきています。
法事の引き出物と言えば、果物や乾物などの食べ物や、洗剤やラップなどの日用品をたくさん抱えて帰る…というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、軽くて嵩張らないカタログギフトは、法要・法事の場面でも人気が出てきているのです。
引き出物として使う場合、気を付けなければいけないのは「熨斗」と「包装」です。慶事であれば紅白の熨斗をつけますが、この場合は白黒または黄白の結び切りの掛け紙を使います。
包装紙も、華やかな色柄は避け、法要にふさわしい色柄のものを選びましょう。何度も法事が重なってしまうと、同じような引き出物がどんどん溜まっていってしまうこともあります。
カタログギフトはそんな悩みも解消してくれる、もらって嬉しい引き出物なのではないでしょうか。

名入れのカタログギフトもあります

名入れのカタログギフト

カタログギフトはカタログの中から好きなものを選んでもらえるため非常に利便性がいいと贈る側からも贈られる側からも重宝されていますが一部では否定的な声もあります。
カタログギフトは何となく味気ないという意見です。ですのでお祝いにカタログギフトを選ぶことに抵抗を持つ方もいらっしゃると思います。
そんな時にお勧めなのが名入れタイプのカタログギフトです。これはカタログに名前を入れたり写真を入れることもできます。ですので出産の内祝いとして利用する方も少なくありません。
赤ちゃんの名入れをしてさらに写真を入れることで親戚は喜んでくれるでしょう。また逆に出産祝いとして活用することもできます、生まれた赤ちゃんの写真を入れると喜んでもらえるでしょう。
世界に一つしかない貴重なものになります、またデザインも自分である程度選べるのも魅力です。このようなものもあるということを知っておいてください。
ギフトを選ぶ時の候補にしておくのもいいでしょう。