カタログギフトの賢い利用法とは?

カタログギフトInfo

出産の内祝いにはいくらのカタログギフトがオススメ?

出産の内祝いにはいくらのカタログギフトがオススメ?

出産すると頂くのが、出産祝いです。
赤ちゃんが生まれるということは、とてもおめでたいことですので、贈る側も貰う側も嬉しくなってしまうのではないでしょうか。
出産祝いを貰ったらお返しを贈るのが一般的です。
これを出産の内祝いといい、なるべく早めに贈るように心がけましょう。
近年、人気がある内祝いはカタログギフトです。
自分で欲しい商品を選ぶことが出来ますので、楽しみもあり非常に評判が良いです。
そんなカタログギフトですが、出産の内祝いですと、3千円から5千円程のものがお勧めです。
親族などのお世話になっている方には、5千円のカタログギフトを贈っても良いのではないでしょうか。
友人でしたら、あまり高価なものは逆に気を遣わせてしまいますので、3千円程が良いと考えます。
値段にこだわるわけではありませんが、高価すぎると申し訳なく感じてしまう方もいらっしゃいますので、このくらいの金額をオススメします。
感謝の気持ちを一筆書いて渡すのを、お忘れなく。

プレゼントをカタログギフトにするメリットとは?

相手に喜んでもらえるプレゼントを選ぶという事は、意外と難しいものでもあります。
特に親しい人であっても、持っているものや好みなどをすべて把握することは難しいものですが、それほど付き合いが深くない方への贈り物となるとさらに難しくなってしまうものです。
結果的に当たり障りのないものを贈り、いただいた方も不要で持て余してしまうという事も少なくありません。
そこで、新しい贈り物の形としてカタログギフトを使うという方が増えています。
結婚式の引き出物、内祝いなど、多くの人に一律に送るという場合でも、相手がほしいものをそれぞれ贈ることができるというメリットがあるのです。
いただいた方もカタログの中から最も必要なものを選べるので、無駄になりません。
何を送ったらよいか迷ってしまう場合、細かく好みに合わせて選んでいられない場合などでも、相手の欲しいものをお渡しできるというのがカタログギフトの大きなメリットであるといえるでしょう。