カタログギフトの賢い利用法とは?

カタログギフトInfo

決めるのが難しいカタログギフトの予算はいくら?

カタログギフトの予算はいくら?

冠婚葬祭でいただいたもののお返しとしてカタログギフトを選ばれる方は非常に多いです。
もらった人は自身で好きなものを選ぶことができるので、本当に必要なものをもらうことができます。
しかしカタログギフトでも値段によって選べる商品の内容は全く異なります。
そこで気になるのが予算です。これは場合によって全く異なります。
「結婚内祝い」の場合は、頂いた額の半額ほどの値段のカタログを返すようにしましょう。
「出産内祝い」の場合も同じで、個人でいただいた場合は半分ほどの値段が妥当と思われます。
しかし出産祝いで多いのが、複数の方から連名でいただく場合があります。その場合は簡単なお菓子やお茶などでお返ししても良いかもしれません。
そして最後に「香典返し」の場合です。
これも目安は半額程度です。このように大体の場合は頂いた額の半分ぐらいを予算として考えれば大丈夫だと思います。前もって大体の額を見積もって用意しておくことが大切です。

カタログギフトを贈るならネット注文で

大切な人のお祝いをしたい、お世話になったあの人にお礼がしたい、けれど相手にとっていらないものであったり、使わないものを贈るのもちょっと、と悩んだ経験はありませんか。
そんなとき相手が今欲しいものを自分で選択できるカタログギフトがおすすめです。
最近ではネット注文のカタログギフトがとても充実していて、食べ物やお菓子専門のものや、趣味趣向にあったもの、有名ブランドのものなど様々です。
たくさんのカタログギフトの中から相手に合ったものを選べば、喜ばれること間違いありません。
また、多くのネット注文販売店ではラッピングや熨斗のサービスをしてくれるところも多く、そのまま相手の住所に配送してくれるので、相手先が遠くて直接伺えない場合も安心です。
メッセージカードを付けられるところもあるので、感謝の気持ちを文字にして届けられるのも嬉しいですね。
お祝いやお返しで悩んでいる方は、ぜひ一度ネットで検索してみてください。